物忘れが激しい?GID(性同一性障害)のホルモン注射副作用~ホルぼけ~

 
The following two tabs change content below.
yasu

yasu

本業は整体師してます。ぎりぎり30代のFTM。 タイで乳腺・子宮卵巣を摘出、戸籍変更済み。

ホルモン注射をはじめてから、「最近物忘れがひどくなったな~」なんて方はいませんか?

そういう僕もホルモン注射をはじめて2~3年した頃から物忘れや、記憶力が低下しているように感じています。

これはいわゆるホルモンボケというやつで、副作用の一つですね。

これまた個人差があり、さほど感じない人もいれば、ちょっと忘れっぽい程度、中には大事なことを忘れたり仕事のミスが多くなる人もいます。

これはできるだけ意識していくしかないです。

なぜホルモンボケが起きるのか?

答えはエストロゲン(女性ホルモン)の減少です。

FTMではなく一般的な男性でも女性ホルモンを分泌していますが、テストステロンが多く体毛や頭髪が薄くなる傾向の人はボケやすいというデータがあるそうです。

女性も閉経後に症状が現れますよね?

これもまた、閉経後の女性が記憶保持が悪くなるというデータがあるそうです。

こうしたデータを見るとFTMのホルモンボケは女性ホルモンの減少が関係しているようです。

FTMはホルモン注射で生理が止まりますが、それはテストステロン(男性ホルモン)で機能を抑えています。

そしてSRSを受けたFTMであれば、女性ホルモンを分泌する機能を失っていますからなおさらですね。

MTFはなぜホルモンボケするの?

また、MTFのホルモンボケですが、女性ホルモンを投与しているのになぜホルモンボケするのでしょう?

その答えは過剰摂取になっている場合があります。

MTFのホルモンボケはFTMとちょっと違いがあるようです。

FTMは割と物忘れなどの記憶力が低下する症状を訴える場合が多いですが、MTFの場合感情のコントロールが難しく思考や行動がおかしくなる場合が多いです。

具体的に言うと

・精神不安定、癇癪を起こしやすい

・無気力

・EQ(心の知能数)の低下

・理論的思考の低下

などです。

※EQ:心の知能 (: Emotional IntelligenceEI) を測定する指標である。心の知能(EI)とは、自己や他者の感情を知覚し、また自分の感情をコントロールする知能を指す。

ウィキペディア 心の知能数 より抜粋

FTM・MTFともに言えることですが、過剰摂取したからといって効き目が早いわけでも効果が高くなるわけでもありません。

単純に体調が悪くなるだけです。

女性ホルモンを過剰摂取してしまうと、精神不安定などのリスクが高まるだけなので容量用法を守ることが大切です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
yasu

yasu

本業は整体師してます。ぎりぎり30代のFTM。 タイで乳腺・子宮卵巣を摘出、戸籍変更済み。
GID保険相談窓口
yasu

yasu整体師のFTM

投稿者プロフィール

本業は整体師してます。ぎりぎり30代のFTM。
タイで乳腺・子宮卵巣を摘出、戸籍変更済み。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. なんて複雑なんだ私 トランスジェンダーでMTFだと「女」って物に必要以上に固執してしまうし、まわり…
  2. 小学校の中学年になると、保健体育の授業で、身体精神の成長、具体的には第二次性徴について扱う単元があり…
  3.  どんなおくすりでもそうですが、ホルモン注射にも副作用はついて回ります。そしてその、副作用の苦しさは…
  4. FTMの治療といえばまずはホルモン注射ですが、たぶんホルモン注射のメジャーどころは エナル…
  5. 性同一性障害の当事者が結婚したいと考えた場合、どうすればいいのでしょうか。その答えを簡単に言うと、「…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.