2017年5月10日更新

FTM・FTX体験談

30代過ぎて男性ホルモン治療を始めました。

The following two tabs change content below.
yu-ki

yu-ki

30歳を過ぎてから治療を始めた30代前半のFTM。現在ホルモン療法のみ。自分らしく生きていく為に日々奮闘中。

はじめまして。

30代前半のFTMのyu-kiです。僕は30歳を過ぎてから、治療を始める決心をし、最近ホルモン治療を始めました。

FTMの方でも、若くから治療を始める方、僕みたいに30代から治療を始める方、もしくは治療をしないと言う選択肢をされる方、どれも間違いではないと思います。

一つの例として、参考になればと思い、僕の場合について、書きたいと思います。

なぜ、今まで打たなかったのか

僕が今まで治療を始めなかった一番の理由は、『家族の理解』でした。

家族がLGBTに対して、批判的なイメージを持っていることは知っていました。だから、怖くて言えなかったんですよね。でも、それを理由にして、僕は、自分自身から逃げて、答えを出すのが怖くて、自分と向き合わなかったんだと、今は思います。

20代前半の時に、カムしていないFTMの友達に、僕(=彼)と同じ(=FTM)だと思うからと、治療を始めることについての相談を受けたことがあります。その時に、友達のことはもちろん応援しましたが、僕自身は治療は出来ないと言ったことを覚えています。

なぜかと言うと、その時は、僕の中で、親の理解なしに治療を始めるという選択肢がなく、親にカミングアウトする勇気もなかったこと、そしてその頃の日本は認知度が今より低く、治療を始めたとしても、女性として生まれた過去を背負って、男として生きていく自信が僕自身になかったからです。

治療を始めようと思ったきっかけ

では、なぜ僕が30代になってから、治療を始める決心をしたのか?

それは、転職や新しい出会い、30歳という自分の中での節目、いろいろな場面で、自分と向き合うきっかけがあったからです。

何事においても、人との出会いはとても大切だし、自分の変化に大きく変わってくると思います。

僕は、いろいろな人との出会いで考え方が変わりました。

そして、自分は自分、そう考えれるようになったことで、自分を大切にしようと考えれるようにもなりました。

ついに親にもカミングアウトすることが出来ました。

自分ときちんと向き合えるようになるまで、何年かかってもいいと思います。人それぞれですし、周りの環境、自身の性格は一人一人違うので、焦らず、自分のペースで、自分としっかり向き合って、進む道を決めていくことが大切だと思っています。

さいごに

今回初めて記事を書かせて頂きました。

僕なりに自分と向き合い、自分の進む道が自分が望む道であるように、壁にぶつかりながらも、一歩ずつ前に進んでいってます。読んで頂いた方に、こんな生き方もあるんだなって、みなさんが自分と向き合えるきっかけになるように、少しでもそういう前向きな気持ちを持ってもらえたらなと思っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
yu-ki

yu-ki

30歳を過ぎてから治療を始めた30代前半のFTM。現在ホルモン療法のみ。自分らしく生きていく為に日々奮闘中。

*記事は各ライター個人の体験談や考えでありGID当事者全員の考えを表しているものではありません。
またその内容によって特定のセクシャリティーを差別するものではありません。
*治療などの医療行為は医師にご相談ください。

GIDナビで読みたい、増えてほしい記事はなんですか?

View Results

Loading ... Loading ...

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

お知らせ

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします

うちのダンナがかわいすぎる
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.