2017年4月3日更新

MTF

MtFのSRS 造膣あり or 造膣なし どっちがいい?

The following two tabs change content below.
越谷 朋美
5月7日生まれで、のんびりな牡牛座。GIDで、MtFです。注射開始から2年経過。精神にもたくさんの障害が。でも、女の子の身体を取り戻すべく、日々奮闘治療中。いつか心と一致した身体になれると、夢見がちテイストな毎日を送っています。パス度は、無きに等しい痛い人。ブログは気が向きましたらどうぞ。→女の子なんだよっ♂→♀

「造膣」って?

もし、読んでらっしゃるかたがMtFさん(FtMさんでも)でしたら。「造膣」と言う言葉は耳にされたことがあるのではないでしょうか?意味は、まさに文字通りです。「膣」を「造る」手術のことを指します。

これだけでは簡単すぎるので、webからの引用を載せてみますね。

“尿道と直腸の間を切ってスペースを作り、そこに海綿体、陰茎、精巣を除去した陰嚢の皮膚を血流を残したまま移植して膣を形成する。これを造膣と呼ぶ。” wikipediaより

これは、「反転法」と呼ばれる手術法です。ほかに、「大腸法」と呼ばれるものもあります。MtFさんでしたら、「これも知ってるよ!」というかたが多いかもしれませんね。前置きが長くなりましたが、今回は、「造膣、あり?・なし?」について、考えてみたいと思います。

戸籍変更のために、造膣は必要ない

男性から女性へと、戸籍変更をするためには、

・睾丸摘出(精巣切除) 

・陰茎切除 

・外陰部形成(尿道変更)

の3点が必要となってきます。そうです。

もし、戸籍変更「だけ」をお望みなのであれば、造膣まではしなくてもいいんです。

ですが、多くのMtFさんが、SRS(性別適合手術)の際に、造膣も望むといいます。それについて、次で考えてみましょう。

造膣はアイデンティティ

確かに、膣があれば。男性との性交渉は、女性のそれのように行うことが可能です。

しかしながら、「膣を造る」のですから、元の男性の身体にとってみれば。この言いかたが許されるのであれば、その部位は単なる「大きく深い傷口」でしかありません。

そのために、「ダイレーション」と言うケア(棒状の器具で膣が塞がらないようにする)も、何十年単位で必要とされます。

そのほかにも。大きい小さいを問わず、手術にはリスクが付きまといます。場合によっては、生命にも関わってきます。

そこまでして、どうして多くのMtFさんは望むんでしょう?

とある、SRS経験済みのMtFさんによれば。

「造膣はアイデンティティ」

とのことです。

自らの、「心理的・肉体的な女性としての立場」を確固としたものにするためにも、造膣は必要というわけです。そして、後悔はしていない、とも。

「あり、なし」に関わらず、望む性別に ~私の意見~

こうして考えてみると、ある意味「造膣」は、喜びと悲しみをあわせ持った手術のように思えます。

ここからは、私個人の意見ですが。

造膣を含めた手術、SRSに関係なく。自分自身の性別――性自認ですね――のみによる、性別の決定付けが行われる社会へと変われば。高額なお金も、生命に関わるリスクをおかさずとも、本当の「自分」になれる社会へと変わっていければ。

それが、一番なんじゃないかな。

そんなふうに思います。

現時点で、私は。

「睾丸摘出と、余裕があったら豊胸ができればいいやあ」

と考えています。金銭面の問題もありますし、身体が弱いために、また、障害がたくさんあるために。戸籍変更のSRSは、まず受けられないだろうと言った理由もあるからです。

 

いつの日にか。

上記のような社会、理想だけではありますが、そんな社会で。望む通りの「私たち」で生きられるようになればいいな

そう願ってやみません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
越谷 朋美
5月7日生まれで、のんびりな牡牛座。GIDで、MtFです。注射開始から2年経過。精神にもたくさんの障害が。でも、女の子の身体を取り戻すべく、日々奮闘治療中。いつか心と一致した身体になれると、夢見がちテイストな毎日を送っています。パス度は、無きに等しい痛い人。ブログは気が向きましたらどうぞ。→女の子なんだよっ♂→♀

*記事は各ライター個人の体験談や考えでありGID当事者全員の考えを表しているものではありません。
またその内容によって特定のセクシャリティーを差別するものではありません。
*治療などの医療行為は医師にご相談ください。

GIDナビで読みたい、増えてほしい記事はなんですか?

View Results

Loading ... Loading ...

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

お知らせ

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします

うちのダンナがかわいすぎる
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.