2017年2月1日更新

恋愛

FTMの彼と一緒に暮らすための同棲計画は別れの始まりだった

The following two tabs change content below.
rabbit.

rabbit.

人を好きになるのに性別は関係ない!」と言い切る30代バイセクシャル。女性、FTMとの恋愛経験を経て、中性的な男性と結婚。現在は一児の母。軽い男性嫌悪症があり、穏やかな気質の人が好き

交際を始める前、FTMの彼は言いました。

「遊びで女の子と付き合うつもりはない。一生添い遂げる覚悟はできてる?」

私ももちろんそのつもりだと答え、交際をスタートさせたのです。

彼の実家と私の実家は、電車でも車でも二時間ほどかかる距離。同じ県内とはいえ、頻繁に会うのには少し不自由な距離でした。

「そろそろ一緒に暮らすことを考えよう」

交際が二年目を迎えた春に、二人でそんな決意を固めました。

一年かけて引っ越しや家具を揃えるのに必要なだけのお金を貯めて、次の春には同じ部屋での生活をスタートさせよう。

私は楽しいけれどお給料が安かった仕事を辞め、きついけれどその分稼ぎがいい仕事に転職し、ハイペースでお金を貯めていきました。

彼も、私との生活を夢見て転職活動ををスタートしたのだと思います。けれど、見た目は男性のようでも、名前や戸籍は女性のままの彼。自分の名前で活動しなければならない就職活動は、色々と困難が多かったようです。

無職が長く続く彼と、死に物狂いで残業や休日出勤をこなす私の間には、徐々に温度差が生まれてきました。

10歳年上で頼れると思っていた彼が、頼りなく感じ始めたのはこの頃からだったと思います。

それから一年後、目標としていた金額を貯めることには成功しました。けれど、それはすべて私が稼いだお金。転職活動がうまくいかなかった彼は、貯蓄どころか身内にお金を借りて生活をしていたようです。

確かにGID当事者にとって、就職というのは大きな負担なのかもしれません。けれど、戦うことを放棄してしまった彼には心底がっかりしてしまいました。

けれど、彼の「これまでは甘えていて済まなかった。今後の俺を見てほしい」という言葉を信じ、金銭面も事務処理も私が全て責任を負う形で、同棲生活をスタートさせました。

その後、彼も女性としてですが正社員として雇ってくれる会社に就職が決まります。これで、夢にまで見た幸せな同棲生活のスタートを切れる……。

そう思ったのもつかの間、彼は女性として働いているストレスからか、またすぐに仕事を辞めてしまいます。また就職活動からやり直しですが、彼は一向に仕事を探す様子を見せません。

彼は、私のために世間と戦う覚悟ができていなかったのでしょう。私と一緒に暮らすことの喜びよりも、女性として扱われる辛さの方が大きく現実から逃げだしてしまった……。

彼とともに人生を歩むために世間と戦い続けてきたつもりでいた私は、その温度差に疲れ、別れを選択したのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
rabbit.

rabbit.

人を好きになるのに性別は関係ない!」と言い切る30代バイセクシャル。女性、FTMとの恋愛経験を経て、中性的な男性と結婚。現在は一児の母。軽い男性嫌悪症があり、穏やかな気質の人が好き

*記事は各ライター個人の体験談や考えでありGID当事者全員の考えを表しているものではありません。
またその内容によって特定のセクシャリティーを差別するものではありません。
*治療などの医療行為は医師にご相談ください。

GIDナビで読みたい、増えてほしい記事はなんですか?

View Results

Loading ... Loading ...

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

お知らせ

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします

うちのダンナがかわいすぎる
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.