2017年2月26日更新

FTM・FTX体験談

なぜ、FTMなのにゲイだと気づいたのか

The following two tabs change content below.
熊野海斗

熊野海斗

戸籍変更・SRS(内摘・尿道延長)済の30代FTMゲイです。トランスとしての体験談に加え、FTMゲイという観点から、性指向の問題についても執筆していこうかと思います。

私はFTMゲイです。FTMであり、つまり生まれたときには女性として戸籍に記されたけれども、性自認は男性、好きになる相手も男性だということです。
そうすると、「なぜFTMなのにゲイと気付いたの? 男が好きなら、自分は男っぽい性格の女だというように思わなかったの?」といった疑問があるかもしれません。今回はその疑問に答えてみたいと思います。

1、ゲイということより先にFTMということに気付いたから

これは簡単な一つの回答です。つまり、私は男性を好きになるという経験をする前に、自分はFTMなのだと気づいたということです。
私は、女性の第二次性徴や、スカートの制服を着ることについて苦痛を感じていました。

そして、自分が性同一性障害ということなら、その苦痛の説明がつくと思いました。よって自分をFTMだと認識したのです。その時点では男性を好きになったことはなかったので、自分を男だと考えることに疑問はありませんでした。
さらにいうと、私が男性を好きになり始めるのは高校以降であり、それ以前は女性が好きでした。初恋は小学生時代で、同級生の女の子だったのです。そのこともあって、自分がFTMであるという思いは強化されました。
しかし、この理由だけだと、説明のつかないことがありますね。
それは、高校以降に男性を好きになったとき、「自分は男である」という思いが揺るがなかったのか、ということです。「FTMだと思っていたけれど、男性を好きになる自分は、本当は男っぽい部分のある女性だったのではないか?」というように。
そういうわけで、第2の理由が挙げられることになります。

2、「同性同士の関係」ということが大事だから

私は高校時代、周囲にもFTMであることを伝え、男性として生活を始めました。そんなとき、同じ高校の男性に恋愛感情を持ったので、それを友人に相談しました。そうすると、「それなら女に戻ったほうがいい。女だったら、その人と付き合える可能性があるけど、男でいたら無理だから」と言われました。
このとき、私は「それは違う」と思ったのです。私は好きな男性と男女のカップルになりたいわけではなく、あくまでも「男性同士」として付き合いたいと考えました。好きな男性に、自分のことを男性と扱ってもらった上でないと、付き合う意味はないと思っていました。

だから、自分が男性だという思い、男としての性自認が揺らぐことはありませんでした。
しかし、そうするともう一つの問題が出てくる可能性があります。「自分の心が男であるなら、男性を好きになるのはおかしい。この感情は、憧れや友情なのではないか」という考えが浮かんでもおかしくありません。なぜ、ゲイだと気付いたのでしょうか。

3、「性自認」「性的指向」という考え方を知っていたから

私は自分が性同一性障害だと知ってから、この分野について調べました。そして、性自認と性的指向は別々のものであり、よって性同一性障害と同性愛は違うものだということも理解していました

。その論理からいくと、性同一性障害かつ、同性愛という場合があり得ることも想定できました。
「性というのは、身体の性・性自認・性的指向の3つから構成されていて、さまざまな組み合わせがあります。

たとえば女・男・女ならFTMの異性愛者で、男・男・男ならゲイです」みたいな説明に、LGBTの基礎知識を勉強し始めると、最初のほうで必ず出会いますよね。この手の説明を知っていたので、「自分は性自認は男で、性的指向が男に向かっているんだ」と、わりとすんなり理解できたような気がします。

おわりに

FTMというと恋愛対象は女性であると、暗黙のうちに理解されていることが多いように思います。私の通っているジェンダークリニックの医師も、私は自分の性的指向のことを何も言っていないうちから、「男性の戸籍になれば結婚もできるし」など、女性に性的指向が向いていることを前提とした話し方をしていました。
FTMゲイはFTMの中でもマイノリティであり、表面に浮かび上がりにくい存在だと思われます。私の知っているFTMも、大半はヘテロセクシャルです。
そういうわけで、LGBTというものが広まってきた現在でも、なかなか知ってもらえないFTMゲイという存在について、これからもいろいろ発信していければと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
熊野海斗

熊野海斗

戸籍変更・SRS(内摘・尿道延長)済の30代FTMゲイです。トランスとしての体験談に加え、FTMゲイという観点から、性指向の問題についても執筆していこうかと思います。

*記事は各ライター個人の体験談や考えでありGID当事者全員の考えを表しているものではありません。
またその内容によって特定のセクシャリティーを差別するものではありません。
*治療などの医療行為は医師にご相談ください。

医療保険・生命保険に興味はありますか?

View Results

Loading ... Loading ...

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

お知らせ

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします

うちのダンナがかわいすぎる
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.