2017年2月28日更新

FTM・FTX体験談

FTMゲイがパートナーと身体の関係をもつ方法

The following two tabs change content below.
熊野海斗

熊野海斗

戸籍変更・SRS(内摘・尿道延長)済の30代FTMゲイです。トランスとしての体験談に加え、FTMゲイという観点から、性指向の問題についても執筆していこうかと思います。

FTMゲイがパートナーと身体の関係を持つには、どうしたらいいでしょうか。
ゲイという男性同士の関係を求めているにも関わらず、身体は女性であるという矛盾がFTMゲイにはあります。それによって、男性とのHに対して不安や抵抗が生まれてきます。
それを乗り越え、Hに踏み切るにはどうしたらいいか、FTMゲイ当事者の立場から書いていきます。

ゲイだけど身体は女性ということ

FTMで、完全に手術をしていなければ、体に女性の部分が残っているということになります。陰茎形成をしていなければペニスはありませんし、胸オペをしていなければ胸もふくらんでいます。私は胸オペ済ですが、陰茎形成はしていないので、ペニスがなく外性器は女性器のままです。
それでも、「ゲイ」ということは、あくまで男性同士としてパートナーと関係を持ちたいということです。ゲイというのは一般的に、「同性」を好きになる男性ということを意味するからです。
そうなると、普段は男性同士として付き合っていても、身体の関係、つまりHをすることになると一つの壁があります。身体に女性の部分があるために、「男女」という関係になってしまうことに対する危惧です。

FTM側が攻めになる

この壁を乗り越える一つの方法は、FTM側が攻め(タチ)になるということです。つまりセックスにおいてリードする側、攻める側になることです。世の中にはペニバンというものがあるので、アナルセックスにおいて、FTMが挿入する側、男性が挿入される側になることもできます。

こうすれば、FTMが女性の身体だということを、あまり意識せずに済みます。
ただ、攻めか受けかは好みの問題があり、受け側がいいFTM、攻め側がいいパートナーの方もいますよね。私の場合もそのパターンでした。

そんな場合に、無理にFTMが攻めになっても、あまり意味がありません。私も一度試してみたのですが、どうもしっくりこず、それは一度きりでやめてしまいました。

安心・信頼感が重要

結局は、それに尽きると思います。お互いが、どうしたいか、されたくないことは何かということを、しっかりと伝えあえる関係を築くことが大切だと思っています。
初めてのHのときは、私はとても不安がありました。とくに性器に関しては、パートナーに見られることも、触られることも無理かもしれないと思っていました。
その思いの原因には、もちろん自分の身体に対する嫌悪感というものがあります。女性器という自分の否定したい部分を、他人に見られるということについての恥ずかしさと苦痛です。
しかしそれ以上に、自分が女性の身体なのだということで、ゲイであるパートナーが、がっかりしてしまうのではないかという不安を覚えていました。パートナーはゲイの男性だったので、男性が好きなはずです。そして、普段は私たちは男性同士として付き合っていました。

でもHとなると、やはり私の身体が女性であるということで、もしかしたら私に興味を失ってしまうかもしれない、そんな風に考えたのです。
それは、考えというより、無意識的な思いといったほうが正しいかもしれません。私自身は、それを明確に意識できていなかったのです。だから、その不安を相手に説明することはできず、ただ「上半身はいいけど、パンツは脱げないかなあ……」という感じで、躊躇を示すだけでした。
むしろ私のその不安を、的確につかみとってくれたのは彼の方だったと思います。私に対して「男性だね」と言ってくれ、「だからゲイの自分が興奮する」という意味のことを言ってくれました。
その言葉で私は安心でき、また、パートナーは私が望まないことを無理にしてこなかったので、Hに対する不安感がなくなったのだと思います。
私の場合、パートナーがフォローしてくれた面が大きいのですが、自分の不安や思いをつかみ、言語化して相手に伝えられるようにすることが大事ですね。そしてお互いに、伝えてくれた相手の思いは尊重することが、信頼関係を作る上で必要かと思います。

さいごに

結局は、FTMゲイであろうとなかろうと、パートナーに対する安心感や信頼感が大切なのは、変わりないんじゃないかなと思います。お互いが満足し、良い関係を作れるHというのは、そういうものだと私は思っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
熊野海斗

熊野海斗

戸籍変更・SRS(内摘・尿道延長)済の30代FTMゲイです。トランスとしての体験談に加え、FTMゲイという観点から、性指向の問題についても執筆していこうかと思います。

*記事は各ライター個人の体験談や考えでありGID当事者全員の考えを表しているものではありません。
またその内容によって特定のセクシャリティーを差別するものではありません。
*治療などの医療行為は医師にご相談ください。

GIDナビで読みたい、増えてほしい記事はなんですか?

View Results

Loading ... Loading ...

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

お知らせ

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします

うちのダンナがかわいすぎる
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.