FTMの初恋について

 
The following two tabs change content below.
熊野海斗

熊野海斗

戸籍変更・SRS(内摘・尿道延長)済の30代FTMゲイです。トランスとしての体験談に加え、FTMゲイという観点から、性指向の問題についても執筆していこうかと思います。

ジェンダークリニックの問診票で「初恋はいつですか」っていう質問がありませんでしたか? あるかどうかは場所によると思いますが、私が行ったところではありました。
FTMである私はその質問、少し困ってしまったんですよね。
今回は、初恋について書いてみたいと思います。

初恋は小学1年生の時?

上記の問診票で、私は「小学1年生の時」と答えました。
まあ嘘ではないです。相手は同級生の女の子でした。
でも小1の私は、その気持ちを、恋愛感情だとは気づいていなかったのです。
小1当時は「性同一性障害」という言葉など知らず、同性愛というものも知りませんでした。
女子である自分が、「同性」である女の子を好きになるはずがない。そう信じていたから、同級生への気持ちを「初恋」とは思わなかったといえます。
ただ、他の子に感じるのとは違う、不思議な感情があることには気づいていました。
その子のことを「かわいい」と思っていたし、隣の席や同じ班になりたいと思いました。友だちとして親しいから、というのではありません。その子とは、それほど一緒に遊ぶようなわけでもなかったからです。
ですから、そのような気持ちに対し、当時から不思議には思っていましたが、「恋愛」という考えに至ることは全くありませんでした。

初恋は小学5年生の時?

自分が「初恋」だと思う経験をしたのは、小学5年生のときです。
このとき好きになった相手は、同級生の男の子でした。女子である自分が、男子を好きになったのだから、それは恋愛感情だと思いました。
小5のとき、私は病気で入院し、その後しばらく学校を休んだり、運動を禁止されたりしました。
そういう中で、親切にしてくれた男の子がいたのです。
私は、その子のことを好きだと思い、これは「恋愛」感情だというものだと思いました。

初恋の「発見」

さて、それから何年か経ち、中学時代に「性同一性障害」という言葉を知りました。私は、自分がFTMなのだと考えました。
このときは、性自認と性的指向の違いなど、詳しいことは知りません。今と比べて、全然情報がなかったのです。とにかく、自分はFTMだから、「体は女」だけど「心は男」なのだと、どこかで聞いた言葉を信じていました。そして、心が男だったら、女性を好きになるはずだと思いました。
正確に言えば、「女性を好きになるはずだ」なんて、なまやさしい気持ちではありません。「心が男なら、女性を好きにならなければならない。男性を好きになってしまったら、心が男だとはいえない。それなら本当のGIDではない」。そういう感じです。脅迫されるようなものです。
このときに、私は自分の「本当の」初恋を「発見」しました。それが小1の頃の体験です。女の子を好きになったのだから、間違いなく自分は「心が男」だと思えました。
一方で、小5のときの体験は、「恋愛感情ではなかった」と考えました。体調が弱っているときに優しくされたら、その人に好感を持つのは当たり前のことで、恋愛ではない。むしろ、その男の子のようになりたいという憧れのようなものだった、と。

おわりに

そのような経験を重ね、30代になった今、私の「初恋」は、小1でもあったし、小5でもあったし、またどちらでもないとも思います。
結局、確固とした「恋愛感情」なんて言えるものは、自分の中には無いようです。それぞれの人に対して、異なった形の「好き」という気持ちがあるだけです。全部違う気持ちです。
その気持ちに対し、「恋愛感情」と名付けるかどうか、それだけのことなのでしょう。
だから、「初恋はいつ?」という質問は、「初恋」という客観的に判断できる出来事が起こった時期を聞いているのではない、といえます。「今のあなたは、誰へのどのような感情を恋愛感情と考え、それが初めて起こったときはいつですか?」という類の質問だと考えます。
簡単に言えば「初恋はいつもじぶんのこころがきめる」という感じではないでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
熊野海斗

熊野海斗

戸籍変更・SRS(内摘・尿道延長)済の30代FTMゲイです。トランスとしての体験談に加え、FTMゲイという観点から、性指向の問題についても執筆していこうかと思います。
GID保険相談窓口
熊野海斗

熊野海斗SRS(内摘・尿道延長)済の30代FTMゲイ

投稿者プロフィール

戸籍変更・SRS(内摘・尿道延長)済の30代FTMゲイです。トランスとしての体験談に加え、FTMゲイという観点から、性指向の問題についても執筆していこうかと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. なんて複雑なんだ私 トランスジェンダーでMTFだと「女」って物に必要以上に固執してしまうし、まわり…
  2. 小学校の中学年になると、保健体育の授業で、身体精神の成長、具体的には第二次性徴について扱う単元があり…
  3.  どんなおくすりでもそうですが、ホルモン注射にも副作用はついて回ります。そしてその、副作用の苦しさは…
  4. FTMの治療といえばまずはホルモン注射ですが、たぶんホルモン注射のメジャーどころは エナル…
  5. 性同一性障害の当事者が結婚したいと考えた場合、どうすればいいのでしょうか。その答えを簡単に言うと、「…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.