2017年3月1日更新

対談

激レア対談!GIDナビの中の人に会ってきた!《前編》

どうも、けーとです!
今回はいつもと違い、先日僕に起きたスペシャルな体験について書きます!

後編はこちら:激レア対談!GIDナビの中の人に会ってきた!《後編》

【中の人に会ってきた!】

2017年1月にスタートした情報サイト、LGBTナビ/GIDナビを企画・管理している《みうさん》に、何と!お会いする事ができました!

僕がコラムを書かせて頂いているGIDナビは、平均PV数(ページビュー数、1ページが開かれた数)が13000と、1ヶ月半でとてもたくさんの人がアクセスしています。

僕が2016年を振り返ってみると、渋谷区が自治体で全国初となる《同性パートナーシップ条例に基づく、パートナーシップ証明書》が発行したり、それに伴って某有名ビジネス誌がLGBTについての特集や表紙を決める等、多くの関心が寄せられた年と思っています。

たくさんのNPO法人や個人が活躍したことでLGBT支援宣言といった項目を企業理念に明記する企業が増えた一方で、多くの課題が浮き彫りになり議論されているものの一向にその先のアクションに繋がっていないような印象も感じています。

そんな矢先、これらのサイトを立ち上げたみうさんに、色々聴いてみました!

【なぜ今回この企画を?】

僕は、《いつか自分の境遇や経験を必要としてくれる人がいるかも知れない》という思いから、あるクラウドソーシングに登録していました。

そこにメッセージをくれたのが、みうさんです。メッセージの中にも、お会いした時にも同じことを仰っていました。

みうさん
「トランスジェンダーの当事者と知り合ったことで色々なことを調べてみたが、しっかりとした情報というのが少ない。当事者、関わる人、今まさに悩んでいる人、どんな人でもあらゆる情報を知れるようなサイトを作りたい。」

なるほどー、確かに!病院を調べるのとはワケが違い、当事者のブログと違う「ある事柄についてのリアルな声」というのは広大なネット上で探し出すのはなかなか至難の技。そしてそれについて書いている人がいるかどうか;

みうさん
「LGBTについて広く知り理解してもらいたいなら、マイノリティじゃない人の思いも知れた方がいい、当事者とアライ(理解者)の声を集めてもいいと思って。色んな人がいていいと思うから、色んな人の声が聴ける場所を作りたいんです。」

何だか嬉しく思って、そこからのおしゃべりがヒートアップしたことは言うまでもありません。

後半記事では、オープンから1ヶ月半を経てGIDナビがどう成長していくのかをちょこっとお聞きしましたので、それをご紹介したいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
けーと

けーと

GIDの診断を受けたFTMts。現在はホルモン療法を受けている。 外資系企業にて正社員として働きながら、某NPO法人の講演補助スタッフとしても活動している。その他、独学で得た心理学の知識を元に、友人伝てに紹介のあったLGBT当事者の相談に応じ、メンタルケアを行なっている。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

お知らせ

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします

うちのダンナがかわいすぎる
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.