2017年1月24日更新

FTM・FTX体験談

男性ホルモン注射・女性ホルモン注射は一生続けなければいけない?

ホルモン注射を始めたら

答えはYesです。

一生続けることになります。

※余談ですが、打ったり打たなかったりが骨粗鬆症になりやすいなど、一番良くないと言われています。

一般的な男性も実際は20歳頃をピークに年齢を重ねるごとに男性ホルモンの分泌が減っていきます。

そして40代後半から50代前半くらいに個人差はありますが男性も女性と同じく更年期障害が始まる人が増えています。

その人たちはどうしているか?

男性も女性も更年期障害が始まるとホルモン剤を服用したりしています。

もちろん徐々に体が慣れ、症状が辛くない人は服用していない人もいますが、その人たちには少なからずホルモンを分泌する機能があるからです。

ホルモン注射をやめたらどうなる?

単純に更年期障害が始まります。

ホットフラッシュ(顔や体の一時的なほてりや発汗)、イライラ、うつ、疲労感、めまい、不眠、記憶力の低下など個人差はあります。

ホルモン注射を始めると身体的変化が起こりますが、特に変声した男性の声などはホルモン注射をやめたからといって元に戻るものではありません。

内摘したFTMであればホルモンを分泌する機能を失っているので、体内のホルモンは不足した状態になるのは明らかです。

ホルモン注射をやめればホルモンバランスが崩れ、心身ともに体調不良に直結します。

そのためにもホルモン注射は欠かせないものになるのです。

特に内摘した人であれば、女性ホルモンの分泌もほぼないと言っていいのでオジさんかオバさんかわからない中途半端な状態になるかもしれません。

ホルモン注射を始めている人は年齢や手術の有無でホルモンバランスは変わっていくので、日々自分の体調と相談しながら調整していくようにしましょう。

これからホルモン注射を始めようと思っている人は後戻りできないことなので、一生打ち続けていく覚悟で始めてください。

(※病院や個人の体調によって治療法は異なります。あくまでも当事者本人の体験談です。かならず治療については自己判断せず医師の指示に従ってください)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
yasu

yasu

本業は整体師してます。ぎりぎり30代のFTM。 タイで乳腺・子宮卵巣を摘出、戸籍変更済み。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

お知らせ

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします

うちのダンナがかわいすぎる
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.