知識のない病院でホルモン投与してたら過剰摂取になっていた話

 
The following two tabs change content below.
りさいく

りさいく

戸籍変更済みのFTM、いろいろな治療法を試しています。主に商品レビューや体験記を書いています。カミングアウト非推奨。どうやって社会に埋没して生きられるか日々模索中です。 最近、漫画も書き出しました!

ホルモン注射をネビドに変更して少し体調が安定してきたアラフォーライターのりさいくです。

参考:噂のホルモン剤「ネビド」の値段や効果は!?実際に体験してみた

参考:男性ホルモン注射を通常からネビドへ変更!体調の変化など

ネビドにたどり着くまでに十数年・・。色々な種類のホルモン注射やらなにやら試してきました。

前回は通常の注射からネビドにたどり着くまでの過程を書きましたが今回は初めてホルモン注射を打ってからネビドにたどり着くまでの過程を書いておきたいと思います。

初めてのホルモン注射は意外にも総合病院

いわゆる地方のおなべバーらしきところで働いていたところ、お客さんの中で総合病院で注射を打ち始めたという情報をききつけました。

僕の当時のホルモン注射の印象は、闇の病院でひっそり打ってもらうというものだったので地方の結構大きめな総合病院で投与してもらえるということにびっくりしました。

あまり公にはしていない様子でしたが数名のFTMが通っているとのこと。

当時はインターネットとか情報も少なかったのに今思えばみんなよく探したなぁ・・。

値段は当時、125mlで2,500円くらい。2〜3週で250ml投与してたから1ヶ月5,000円以上かかっていたのでかなりの出費でした。

引っ越してからは闇の産婦人科で投与開始

はっきり言って絶対、性同一性障害の知識なんかないだろー的なボロボロの産婦人科で更には、手が震えてまともに注射なんか打てなさそうな医師のもと、5,000円で投与していました。

やはりこのころもインターネットでの情報はほとんどなく、おなべバーに行って投与している人に聞き紹介してもらいました。

きっと今の子はこんな苦労しなくてもGoogle先生に聞けばすぐ見つかるんだろうなぁ・・

 

THE嫉妬。

 

当時は産婦人科で投与してるところが多かった気がしますね。

妊婦さんに混じって髭の生えたガタイのいいあんちゃんが、女性名で呼ばれるという世にも恐ろしい光景をよく目にしました・・よね・

すごく嫌だなぁー・・と思ってました。あの周りの「え!?誰!?なに!?」っていう反応・・。結構経験した人いるんじゃないかなぁ。

某有名なクリニックで投与開始

業界的には超有名なクリニックで打ち始めました。
めちゃくちゃ有名なところです。

でも先生の態度が傲慢でかなり上から目線。治療してやってんだ的な態度がすごかったです。

一応このころから血液検査も定期的にはじめました。

でもこの病院とはトラブルいうか、納得のいかないことをされて通院するのをやめました。
帰り道悔しくてバスの中で泣きましたよ。この話はまた後日・・。

泌尿器科で投与開始

有名なクリニックで投与できなくなって途方にくれていましたが、とりあえず電話帳を片手に泌尿器科に片っ端から電話しようと思いました。

そして1件目でヒットw運が良すぎましたw

ただホルモン治療の条件として診断書があることと、戸籍が変更済みであることだったのですが難なくクリアしていたので投与してもらえることに。

友達も紹介したかったのですが、この条件をクリア出来ていなかったので投与できずじまいに。

この病院では保険が適用されて800円程度だったと思います。

知識のない病院で投与して過剰摂取に

この病院では血液検査をしていませんでした。

ただ3週間に250mlを投与していたのですが、たまに体調不良になっていたため先生に相談してみると(ヨボヨボなおじいちゃん先生)ホルモンが足りてないかもしれないから錠剤だしておくよ!と言われ信用して飲んでいました。

今思えば完全に過剰にホルモンを摂取していたと思います。

ハゲるわ、気は荒くイライラするは、体は熱いは、勝手に殺気立っていましたw
顔つきもかなりきつかったと思います。

錠剤は肝臓に負担がかかるので通常はおすすめしないと後の病院で言われました。
あのまま飲んでいたら・・と思うと怖すぎますね。

現在は定期的に血液検査をしてネビドに

さんざん色々経験しましたがネビドに落ち着きました。
値段をケチって体調を崩しては元も子もないですからね。

個人差は有ると思いますが僕はメリットの方がおおきいと思っています。

参考:噂のホルモン剤「ネビド」の値段や効果は!?実際に体験してみた

参考:男性ホルモン注射を通常からネビドへ変更!体調の変化など

この病院ではFTMの方の通院もかなり多く症例もあるので安心して通院できています。
家からもそんなに遠くないのも嬉しい。

最後に

一言でホルモン治療と言っても体重や年齢、手術歴によって変わるのが当たり前だと思います。

結構注射を打ってもらえるっていうだけで安易に病院を決めて投与していると将来的に怖いですよ。

もしこの記事を読んで思うことがあれば一度自分の体調や体と向き合ってくれると嬉しいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
りさいく

りさいく

戸籍変更済みのFTM、いろいろな治療法を試しています。主に商品レビューや体験記を書いています。カミングアウト非推奨。どうやって社会に埋没して生きられるか日々模索中です。 最近、漫画も書き出しました!
GID保険相談窓口
りさいく

りさいくFTMアラフォーライター

投稿者プロフィール

FTM戸籍変更済、アラフォーライターです。
埋没して生活、既婚者。主にGID,FTM向けの商品や薬、病院などのレビューをしています。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. なんて複雑なんだ私 トランスジェンダーでMTFだと「女」って物に必要以上に固執してしまうし、まわり…
  2. 小学校の中学年になると、保健体育の授業で、身体精神の成長、具体的には第二次性徴について扱う単元があり…
  3.  どんなおくすりでもそうですが、ホルモン注射にも副作用はついて回ります。そしてその、副作用の苦しさは…
  4. FTMの治療といえばまずはホルモン注射ですが、たぶんホルモン注射のメジャーどころは エナル…
  5. 性同一性障害の当事者が結婚したいと考えた場合、どうすればいいのでしょうか。その答えを簡単に言うと、「…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.