2017年5月10日更新

FTM・FTX体験談

男性ホルモンを打ち始めた時の気持ちと治療に対する不安

The following two tabs change content below.
yu-ki

yu-ki

30歳を過ぎてから治療を始めた30代前半のFTM。現在ホルモン療法のみ。自分らしく生きていく為に日々奮闘中。

僕は、社会人になってもスポーツを続けていました。そして、『治療を始める』=『スポーツを辞める』ということになり、心と身体が一致していないだけで、スポーツを辞めないといけないということに葛藤もありました。

しかし、それ以上に、自分の人生を歩む為に、必要なことだと思えるようになり、前向きな気持ちで、スポーツを辞めることが出来、治療を始めることが出来ました。

実際にホルモン注射1本目を打って、心情的にどう変わったか

僕の場合、1本目は125mlを打ち、身体的には変化はほとんど感じませんでした。

それでも、心情的は変化は大きいものでした。

治療を始めたことによって、自分らしく生きていく為の一歩をやっと踏み出せた気になったからだと思います。

ホルモン注射を始めることによって、身体の変化の為にというイメージが強いかもしれません。

しかし、当事者にとっては、それ以上に気持ち的に楽になるという方も多いのではないでしょうか?少なくとも僕はそう感じました。

治療に対する不安

治療自体に対する不安はありません。

もちろん、副作用であったりとデメリットもあります。その為、治療を始めることによって、治療を始める前にはなかった異常が身体に出てくるかもしれません。

それでも、不安がないと言えるのは、それ以上に僕には大切なものがあったからです。そう、自分らしさです。自分を隠して長く生きるより、短くなる可能性があったとしても、自分らしく生きることに意味があると思えたからです。

治療を始める前に、ネットで調べたりFTMの子に聞いたりして、いろいろ調べました。

今やネットでは、情報が多すぎて、どれが正しいのか分からないこともありました。

それだけまだ完全な情報が少ないということだと思います。

それに、一人一人、副作用の出方等も異なってくるので、当事者の方の話は、とても貴重で、治療を始める者として、とてもありがたい情報となりますが、全てを鵜呑みにせず、一つの例として、情報としていれることが大切だと思います。

今後はどこまでFTMとして治療していきたいか

FTMの方の大まかな治療の流れとして、
①カウンセリング
②ホルモン注射
③胸オペ
④SRS
(*全員がこの順番でされるわけではありません)
ここまですると、日本では戸籍変更が出来ます。

僕は、戸籍変更までを考えているので、今後胸オペ、SRSをする予定です。胸オペについては国内で今年夏に予定しています。

さいごに

FTMだから、戸籍変更するということが全てではないと思っています。

僕は、20代の時までは、親に孫を見せないといけないと思っていて、自分を隠してでも結婚しないとと思ってました。僕自身は、今はこうして治療を始める選択をしましたが、20代の頃に思っていたことも一つの選択肢でよいと思っています。

決めるのは、あくまで自分です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
yu-ki

yu-ki

30歳を過ぎてから治療を始めた30代前半のFTM。現在ホルモン療法のみ。自分らしく生きていく為に日々奮闘中。

*記事は各ライター個人の体験談や考えでありGID当事者全員の考えを表しているものではありません。
またその内容によって特定のセクシャリティーを差別するものではありません。
*治療などの医療行為は医師にご相談ください。

GIDナビで読みたい、増えてほしい記事はなんですか?

View Results

Loading ... Loading ...

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

お知らせ

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします

うちのダンナがかわいすぎる
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.