2017年2月7日更新

健康

GIDが風邪などで病院へ行く時は病院にカミングアウトが必須?

The following two tabs change content below.
熊野海斗

熊野海斗

戸籍変更・SRS(内摘・尿道延長)済の30代FTMゲイです。トランスとしての体験談に加え、FTMゲイという観点から、性指向の問題についても執筆していこうかと思います。

保険証には性別欄がありますよね。
GIDの人にとっては、病院に行くとき、それが問題となる場合があります。
そして、その問題は戸籍の性別変更前後で異なってきます。
今回はそれについて書いてみます。

戸籍の性別変更前

戸籍の性別変更前は、病院に行きにくいGIDの人が多いかと思います。
たしかに、病気の診断や診察のために、医師が性別を把握することは必要です。
しかし、保険証に記載されていることで、受付の人や事務の人など、全員に見られてしまうことになります。
とくに外見がパスしている場合、性別表記が正しいかどうか確認されたり、「あれ?」という感じで見られたりします。
このように強制的にアウティングさせられる経験は辛いものがあり、できるだけ病院には行きたくないという考えに至ってしまいがちです。
それで病院に行くのが遅れ、病状が悪化してしまったGIDの方もいるそうです。
私は、保険証の性別欄に「ジェネリック医薬品を希望します」のシールを貼って見えないようにしていました。
こうしても、結局は医療機関側にはわかってしまうのですが、自分が性別欄を見なくて済むだけ精神的にマシかなという気がします。
とはいえ、保険証の表記の仕方によっては、シールで隠せない位置に性別欄があることもあります。
最近では、性別欄を裏面に表記することが可能な場合もあります。
これも結局は裏面に表記されるのであって、根本的な解決ではありませんが、少しでも医療機関を受診しやすくなるかと思います。
また、以下の記事によると、保険証の通称名表記が認められるケースがあるようです。

毎日新聞「性同一性障害 本当の「私」保険証「通称名」容認 健保組合、公的な身分証明書」

戸籍の性別変更後

根本的な解決は、現在のところは、戸籍の性別変更をするしかないでしょう。
私は戸籍の性別変更を行ったので、保険証の記載が女性から男性に変わりました。
それによって、病院に行きやすくなりました。
普通に男性として、性別欄に「M」と記載された診察券が作られていきます。
しかし性別変更後は、新たな問題が発生します。
医師にカムアウトする必要が出てくるということです。
何も言わなければ、医師には一般的な生物学的男性だと判断されてしまいます。
もちろん、歯医者や花粉症など、性別など関係なさそうなときは、特に何も言わず黙っていますが。
ただ、性別に関連した疾患があるなどの場合、GIDのことを伝えていないと見落とされる危険性があります。それにホルモン注射や、手術の影響があるかもしれないですよね。
なので、基本的には伝えたほうがいいと思っています。
とはいえ、毎回いちいち説明するのも大変なので、行く病院を決めてそこに行くのがベストでしょう。
私はホルモン注射をしている病院が内科なので、そこに行けば説明も不要で楽です。
一度、その病院では検査ができず、別の病院を紹介してもらうときがありました。
そのときは、紹介状に性別とホルモン注射のことも書いてもらいました。
こうすることで、説明しなくてもいいし、ホルモン注射の正確な情報も伝わるので良いと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
熊野海斗

熊野海斗

戸籍変更・SRS(内摘・尿道延長)済の30代FTMゲイです。トランスとしての体験談に加え、FTMゲイという観点から、性指向の問題についても執筆していこうかと思います。

*記事は各ライター個人の体験談や考えでありGID当事者全員の考えを表しているものではありません。
またその内容によって特定のセクシャリティーを差別するものではありません。
*治療などの医療行為は医師にご相談ください。

GIDナビで読みたい、増えてほしい記事はなんですか?

View Results

Loading ... Loading ...

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

お知らせ

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします

うちのダンナがかわいすぎる
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.