2017年3月27日更新

FTM・FTX体験談

性同一性障害改名の際、どうやって決めましたか?

GIDの多くの人が行う改名ですが、みなさんは新しい名前をどうやって決めましたか?
両親に新しい名前を付けてもらう方もいるようですが、私は自分で考えました。
どのように決めたかを、書いてみたいと思います。

もともとの名前と改名

私はFTMなので、出生時に付けられた名前は女性名です。しかもかなり女性らしい名前で、まず男性にその名前はいません。

また平仮名だったため、読み方を変えてみるという工夫すらできませんでした。したがって、改名は早い段階から希望していました。
高校2年のときから、学校で通称名を名簿などに使ってもらい、高3の時点で正式に改名しました。

それほど深くは考えていない

自分の名前を考える際、実はそれほど深く考えて付けたわけではありません。一生使う名前なのだから、今思えば、もう少し慎重に決めるべきだったとも思います。

でも正直なところ、それまでの女性名が嫌すぎて、とにかく女性名でさえなければ何でも良かったのです。「末吉」とか「権兵衛」にしますと言われても、喜んで承諾したでしょう。
とはいえ、せっかく自分で付ける機会があるのだから、あまりおかしな名前にはしたくないと思いました。そして、いくつか条件を出してみて、それに当てはまる候補を絞りました。
条件は以下のようなものです。

1、書きにくくない

難しい漢字や、画数が多いと、試験のときに時間がかかって大変です。

2、言いやすい

言いにくい名前だと、自己紹介のときなどに何度も聞き直されて大変です。

3、今風な

せっかくだから昭和の古い名前でなく、平成生まれ的なかっこいい名前にしたいと思いました。

4、目立ちすぎない

周りのFTMの方で、あまりにもかっこよすぎる、キラキラネームに近い人がいたので、そのようにはなりたくないと思いました。

5、中性的な

今だったらこの条件は外しますが、GIDがあまり知られていなかった当時、無難な感じにしようと思いました。

その後に気付いた問題点

その結果、現在の名前に決め、一応男性名だけど女性でもあり得るだろう、という名前になっています。
基本的には気に入っているのですが、後々気付いた問題点をいくつか挙げます。

1、平成生まれ風すぎる

決して今や珍しいといえる名前でもないのですが、それは「平成生まれの人たちでは」という条件付きです。
つまり、私は実際には昭和生まれで、同級生は「太郎」とか「信介」とか「昭彦」とか、そういう名前がわりと普通なわけです。「颯馬」とか「翔斗」とか「蓮」とか、そういう名前の中なら全く不自然ではないのですが、世代が違う感じがします。

2、兄弟との統一感

私には兄弟がいて、その名前は、「太郎」「信介」「昭彦」みたいな感じなのです。
一人っ子、または兄弟も今風な名前なら、「両親がそういう新しい感覚の名前を付ける人だった」ということになりますが、私だけが今風な名前だと、かなり不思議な感じになります。

3、篆書体にしたとき

わりとどうでもいいことですが、印鑑を作るときに、篆書体で作るとかっこいいと思って、自分の名前の篆書体を調べてみました。すると、自分の名前は篆書にするとあまりかっこいい形ではありませんでした。
名前の漢字を決めるとき、楷書だけではなく、篆書などの違う書体も参考にするといいかもしれません。

さいごに

自分がGIDと気付いたら、早く改名したいと思うので、若いときに、焦って決めてしまう人も多いかと思います。一生使うものなので、慎重に、できれば他の人の意見も聞いて決定したほうが、後から後悔せずに済むでしょう。
ちなみに、最後に「斗」を付けるのが、FTMあるあるらしいですよ。私の「熊野海斗」というハンドルネームも、FTMらしく、それを踏まえて付けてみました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
熊野海斗

熊野海斗

戸籍変更・SRS(内摘・尿道延長)済の30代FTMゲイです。トランスとしての体験談に加え、FTMゲイという観点から、性指向の問題についても執筆していこうかと思います。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

お知らせ

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします

うちのダンナがかわいすぎる
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.