けーと×雛菊対談!~埋没という生き方~

 
The following two tabs change content below.

どうも!けーとです。

トランスジェンダーにおける「埋没」とは、社会の中で完全に自らの望む性別で生きることを指します完全に誰にも知られずに生きている、生きていきたいというトランスジェンダーもいるというです。今回は「埋没」をテーマに、GIDナビライターの雛菊さんとの対談をお届けします!

【不利であることを認めたくない】

雛菊さんは普段からありのまま自分を表現する事にこだわりをお持ちです。彼女自身が埋没をするという事を前向きに捉えていないように感じた僕は、思い切ってそのまま質問してみました。すると

 「少しでも自分たちの置かれている立場が隠す対象だとしたら悔しくてたまらない。今までもそうだったし、トランスジェンダーであることを隠さなきゃいけなくて涙を飲んだ事もある。」

 社会的に不利な状況に立ちやすい事を受け入れたという事に繋がってしまう気がして嫌だとも言うので、”不便”でなく”不利”というのは具体的にどのような事なのか聞くと、多くの当事者が少なからず直面してきた就職活動について触れる事ができた。

 「男なら女ならこうしろのマニュアルに当てはまらないのが私ですから、その時点で排除されてしまうのでしょう。当時はトランスジェンダーという言葉がまだ無かったので自己主張も出来なかった。

【埋没して生きていくことは、実はとても覚悟が必要なこと

少しずされ受け入れられてい言ってもトランスジェンダとし張って生きていだけでまだま気が要な代と感じてい僕は、雛菊さんに「埋没するということをどう感じるか?」と聞くと、雛菊節が炸裂しました。

 「一番困るのは私たちに言う方たち。たまに当事者を見つけると仲間意識持つ割に、外では内緒ねって方がいます。あと埋没していることを売りにしてくる方もいますがそれもお門違いだと思います。私は埋没は否定しませんが、どちらかというとフレキシブルに適切に伝える・言わないを選べば良いことかと思。つまり埋没を否定しているのではなくてそもそも埋没という価値観が私には合わないと思います。私も伝える・伝えないは自由に選んでいますし、それによって迷惑をかけたらお詫びします。またトランスジェンダーであることで周りに配慮をお願いする事があってもそれは私たちにして頂く必要な最低限の範囲内の配慮だと思っています。私たちもマジョリティに配慮はしている。」

【まとめ

 「埋没って言葉が嫌いなのでしょうか。除去しなきゃいけないみたいな。言わない派ならまだしっくり来ま。」と言った後で、「なんだ嫌な女になってないですか!?」と言っ女。

トランスジェンダーの中に本当々な人や価値観がします。お伝えしたいのは、埋没をするという事を肯定/否定という事ではなくて、当事者の中にも様々な経験や考え方があり、自分で選択しているという事。そして何にしても、余計な詮索はしないことが最良でしょう。

ちなみに僕は、活動家としての顔もあるのでフルオープンですが、昔は過去の自分の一切を無かったことにしたいと考えていました。ここだけの話です。…いや、書いたかな??

雛菊さんとはあらゆテーマで後も対談していきたいと思います!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
GID保険相談窓口

関連記事

ピックアップ記事

  1. 小学校の中学年になると、保健体育の授業で、身体精神の成長、具体的には第二次性徴について扱う単元があり…
  2.  どんなおくすりでもそうですが、ホルモン注射にも副作用はついて回ります。そしてその、副作用の苦しさは…
  3. FTMの治療といえばまずはホルモン注射ですが、たぶんホルモン注射のメジャーどころは エナル…
  4. 性同一性障害の当事者が結婚したいと考えた場合、どうすればいいのでしょうか。その答えを簡単に言うと、「…
  5. 自分がFTMだとバレないように気をつけてること超地味な5つに厳選して書いてみようと思います。 自分…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.