内服薬は危険?ホルモン剤の恐ろしさ

 
The following two tabs change content below.
yasu

yasu

本業は整体師してます。ぎりぎり30代のFTM。 タイで乳腺・子宮卵巣を摘出、戸籍変更済み。

FtM、MtFどちらにも言えるホルモン剤の話です。

特に男性ホルモン剤についてですが、男性ホルモン剤も内服薬(飲み薬)があります。

しかし女性ホルモン剤は内服薬も使用されていたりするのに、男性ホルモン剤は内服薬よりも注射による投与が多いのはなぜでしょうか?

それにはちゃんとした理由があります。

内服薬によるリスク

参照記事:薬のダメージが原因で起こる肝障害が危険!ホルモン剤による肝臓への負担について

にも書いてありますが、薬剤は肝臓で分解するため、投薬によって肝臓へ負担がかかってきます。

男性ホルモン剤も女性ホルモン剤も同じです。

その中でも内服薬と言われる経口薬でのテストステロンの場合は全て肝臓で分解されてしまい、効果がなく大量に飲まなくてはなりません。

しかし、それによって肝臓により大きな負担をかけてしまうことになります。

また、女性ホルモン剤は大量に服薬することで血栓症のリスクも高くなると言われています。

注射による投与が多い理由

なぜ、注射による投与が多いのかというと一番の理由は「即効性と最も効果的である」ことが挙げられます。

そして経口薬よりも肝臓への負担が少ないというメリットです。

内服薬も注射でも天然型ではないのですが、注射は即効性もあり一番効果が現れます。

これはホルモン剤に限らず、どの薬剤も同じことが言えます。

他にも天然型のホルモン剤で塗り薬や貼り薬もあります。

飲み薬よりも肝臓への負担は少ないようですが、効果の現れ方は注射よりも弱くなります。

また、かぶれなどの症状が現れるなど効果が薄いわりにデメリットもあるので長期間継続していかなくてはならないFtMには向かないように思われます。

最後に

内服型のホルモン剤について、いかがでしたか?

内服薬は注射のような痛いこともなく手軽なように思えます。

ですが、肝臓で全て分解されてしまうので、肝臓への負担にしかならず、一番ハイリスクな方法になってしまうようです。

ホルモン剤投与のステップへと進む場合、病院では注射での投与をされますが、ネットなどで個人的に購入される人は経口薬はおすすめできません。

定期的な検査も含め、ホルモンや肝臓の数値などもきちんと管理してもらえる病院での投与が望ましいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
yasu

yasu

本業は整体師してます。ぎりぎり30代のFTM。 タイで乳腺・子宮卵巣を摘出、戸籍変更済み。
GID保険相談窓口
yasu

yasu整体師のFTM

投稿者プロフィール

本業は整体師してます。ぎりぎり30代のFTM。
タイで乳腺・子宮卵巣を摘出、戸籍変更済み。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 小学校の中学年になると、保健体育の授業で、身体精神の成長、具体的には第二次性徴について扱う単元があり…
  2.  どんなおくすりでもそうですが、ホルモン注射にも副作用はついて回ります。そしてその、副作用の苦しさは…
  3. FTMの治療といえばまずはホルモン注射ですが、たぶんホルモン注射のメジャーどころは エナル…
  4. 性同一性障害の当事者が結婚したいと考えた場合、どうすればいいのでしょうか。その答えを簡単に言うと、「…
  5. 自分がFTMだとバレないように気をつけてること超地味な5つに厳選して書いてみようと思います。 自分…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.