2017年1月14日更新

恋愛

性同一性障害が本当の自分を愛してくれるパートナーに出会うためには

The following two tabs change content below.
田中 実

田中 実

GIDナビの編集を担当している田中 実です。編集長のサポートや取材、GIDの保険などWebの担当をしています。

性同一性障害だとパートナーを探すのは他の同性愛者のかたよりハードルが高くなります。そして同じ性同一性障害の方とお話しする機会はほとんどと言っていいほどないですよね。そのため友人も作りにくく一つ一つ問題を解決していくのは自分自身になります。

パートナーを探すのであればインターネット上で探してみるのが一番です。もしデートに行く約束までになったのであれば、とりあえず会ってみることをおすすめします。そこでいつ自分のことを言えばいいのかタイミングがわからない人もいるでしょう。

私の知り合いはデートの帰り際に言うそうです。その理由は自分自身を知ってから判断をしてほしい。と言うことでした。

確かに最初に言うとそれだけで連絡をくれなくなる方も少なからずいます。その時点ではまだ自分のことを知らない状態で去るのは嫌ですよね。また仮に付き合った場合にも様々な障害が立ちはだかるでしょう。

それは彼が友人に紹介する時です。
もちろん好きな人の友人なら仲良くなりたいのは普通の考えですよね。でも世の中にはまだまだ性同一性障害についてあまり知らない人がいるのも事実です。

そこで自分のことをよくわかってほしいのなら一から説明する必要があります。

なのでパートナーと出会えたからいいというわけでは無くまだたくさんの障害があります。

 

もし日本が同性婚ができるよう法律が改正されたら
あなたは今までの性別で結婚したいですか?
それとも手術をして自分のありのままの性別で結婚したいですか?

自分の意見ではありますが、お金があって頼れるパートナーがいるのであれば自分の性別に生まれ変わり、結婚をしたいです。
今現在では性同一性障害で悩んでいる方も多くいるでしょう。その方にはこれから先の未来は明るいんだと思ってほしいです。

性別は単なる区別でしかなく差別されることではないです。

本当の自分を愛してくれるパートナーに出会えることを願っています。

※こちらの記事は当事者以外の方の記事です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
田中 実

田中 実

GIDナビの編集を担当している田中 実です。編集長のサポートや取材、GIDの保険などWebの担当をしています。

*記事は各ライター個人の体験談や考えでありGID当事者全員の考えを表しているものではありません。
またその内容によって特定のセクシャリティーを差別するものではありません。
*治療などの医療行為は医師にご相談ください。

GIDナビで読みたい、増えてほしい記事はなんですか?

View Results

Loading ... Loading ...

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

お知らせ

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします

うちのダンナがかわいすぎる
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.