MtFと成人式

 
The following two tabs change content below.
越谷 朋美
5月7日生まれで、のんびりな牡牛座。GIDで、MtFです。注射開始から2年経過。精神にもたくさんの障害が。でも、女の子の身体を取り戻すべく、日々奮闘治療中。いつか心と一致した身体になれると、夢見がちテイストな毎日を送っています。パス度は、無きに等しい痛い人。ブログは気が向きましたらどうぞ。→女の子なんだよっ♂→♀

とってもイヤな思いをされた方も、多いと聴きます。

そう。地方自治体主催の、成人式。って言うイベント。

かく言う私も、参加しましたよー。もう二度と出席したくないですけどね。

その理由などについて、触れていきたいと思います。

いじめられた記憶がよみがえる

出席するとなると、当然昔のお友だちと再会!

となりますよね。そこで私は、まずつまづきました。

中学校時代の、いじめる側だった男の子たちと。

顔を合わせることになるからです。考えが浅はかでした、実に。

まあ、向こうは忘れていたんですけどね。いじめてた人たちなんて、所詮はそんなもんか。

そう思ったのを、今でも覚えています。

思い出話がイヤ

正直言って。思い出話なんて、したくありませんでした。

つらかった、苦しかったことしか思い出にないし。

楽しく語らうなんて、とてもじゃないけどできない相談だったんです。

でも。

女の子のお友だちは、違っていました。

どこかできっと、私の。

GIDな部分を感じてくれていたんでしょうね。

絶対数は少なかったですけど。

女の子たちとお話しできた分、まだ救われていたのかもしれませんね。

スーツなんて着たくない

これもイヤでした。

特に強く、レディースのものを着たいと思っていたわけではないんですが。

「お前は男の子なんだよ。その証拠に、ブラウスじゃなくてワイシャツ。ボタン止めるのも逆だろ? ネクタイ締めて。パンツルックだもんな」

そんなふうに。スーツくんから言われている気がしていたんです。

私の妄想が、ひどすぎたせいでしょうけど。

これも、苦しい体験の一つでした。

なにより、自分自身がイヤ

最悪なのは、これに尽きます。

ちゃんと、はっきり。

私の性自認を前に出せれば、何ら問題は(あるでしょうが)、その場は切り抜けられたと思います。

ですが、私はその辺が本当にヘタで。

曖昧な笑顔を浮かべて、会話に加わるでもなく、かと言ってさっさと帰ることができたわけでもなく。

その場にいたんです。

 

自分自身が、本当にイヤで。

呆れていました。自分のことなのに……。

もう一回、改めてセクマイ成人式、したい?

今、SNSなどで話題になっていますね。

望む性で、もう一回成人式をしよう!

みたいな企画が。

 

でも、私は。

性自認の通りに出席したとしても。

 

本来の目的である、

「成人したことを祝い、自覚する」

と言うことが、できないだろうと考えています。

 

もちろん、楽しそうだなとは思います。

ですが、もう一度参加したとしても。

イヤな思い出ばかりが、よみがえってそして。

後悔しちゃうんだろうな。

そう思います。

 

暗く、グチばかりの記事になってしまいました。

すみません。

 

これは、飽くまで私の経験と考え方です。

セクマイ成人式を考案した方々は、本当にすごいと思うし。

素晴らしいことだと思います。

 

ですから、もし参加を考えられているのであれば。

私の思い出話を叩き台にして。

ステキな成人式を、迎えられたらいいなあ、って。

 

心から思います。

 

まだの方、もう済ませた方。

共に、良い経験となりますように!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
越谷 朋美
5月7日生まれで、のんびりな牡牛座。GIDで、MtFです。注射開始から2年経過。精神にもたくさんの障害が。でも、女の子の身体を取り戻すべく、日々奮闘治療中。いつか心と一致した身体になれると、夢見がちテイストな毎日を送っています。パス度は、無きに等しい痛い人。ブログは気が向きましたらどうぞ。→女の子なんだよっ♂→♀
GID保険相談窓口
越谷 朋美

越谷 朋美MTFライター

投稿者プロフィール

5月7日生まれで、のんびりな牡牛座。
生まれつき、性同一性障害=GIDと言う障害があり。
他にも、メンタルに様々な障害が。手帳は2級。いろいろな方に励まされ、ときには叱られ、女の子の身体を取り戻すべく、日々奮闘中。具体的にはホルモン注射とか。まだまだ女の子らしい身体ではないけれど、いつかココロと一致した身体になれると、夢見がちテイストな毎日を、泣いたり笑ったりして送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. なんて複雑なんだ私 トランスジェンダーでMTFだと「女」って物に必要以上に固執してしまうし、まわり…
  2. 小学校の中学年になると、保健体育の授業で、身体精神の成長、具体的には第二次性徴について扱う単元があり…
  3.  どんなおくすりでもそうですが、ホルモン注射にも副作用はついて回ります。そしてその、副作用の苦しさは…
  4. FTMの治療といえばまずはホルモン注射ですが、たぶんホルモン注射のメジャーどころは エナル…
  5. 性同一性障害の当事者が結婚したいと考えた場合、どうすればいいのでしょうか。その答えを簡単に言うと、「…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.