ナベシャツはFTMを救う!?着用のメリットとデメリット

 
The following two tabs change content below.

どうも!FTMのけーとです。

未オペの僕は普段からトラシャツ(トランスシャツ、ナベシャツとも)を着用して、胸を潰した状態で生活しています。

今回は僕自身が感じているトラシャツのメリット、デメリットをまとめていこうと思います。

メリット

・服に悩まない

・姿勢改善

・パス(身体性別がバレない)度が上がる

夏なのに目立たないようにすることが理由で黒い服を着ていたり、何枚も重ね着してみたり。本当に着たい服やスタイリングを我慢してしまうのは、若い時はストレスに感じていたものです。また、胸の膨らみを気にして猫背になってしまい、姿勢が悪くなることで首や肩、腰、膝など、全身に負担がかかってしまっていました。高校生の時に着用していたのは上半身全体を締め付ける素材でできていたので、お腹いっぱい食べることができなかったり(笑)

現在は胸の部分だけを効果的に潰せる素材で、通気性が良いものを愛用していますので、身体としてはとても楽で、着ていることを忘れています。また、メーカーによっては防水タイプの取り扱いもあるようなので、海やプールを楽しみたい方は探してみてはいかがでしょうか?

デメリット

・高価

・寿命が短い

・素材によっては皮膚疾患になる

・オペへの段取りが遅くなる

これもメーカーによりますが、下着同然に着用するものとしては高価です。僕が愛用しているものは一着1万円ほど。そして超伸縮性の素材はとてもデリケートで、寿命目安は半年とされています。締め付けが弱まるとほとんど意味がありませんので、新しいものを購入します。

皮膚疾患というのは、吸水性や通気性が良くないものを長時間着用していた時に、汗疹になってしまった経験があります。そうすると治療のために着られなくなりますので、外出が億劫になってしまいました。

オペへの段取りが遅くなるというのは、パス度があがり快適になり、シャツ1枚で精神的にも楽になってしまったばかりに、ホルモン療法から次に進めていない僕のことです。オペの身体的・経済的負担や経験済みの方のカテーテルを抜く時の話しを聞いてビビっている僕は、シャツでかかっている負担の方を選んでしまっています。

参考:胸を潰すための「ナベシャツ」種類別にまとめてみました

終わりに

パス度に大きく関わってくるトラシャツはおすすめです。元々のバストサイズの大小に関わらず、胸のふくらみによって気持ちが下向きになってしまっているFTMの方は、着用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
GID保険相談窓口

関連記事

ピックアップ記事

  1. 小学校の中学年になると、保健体育の授業で、身体精神の成長、具体的には第二次性徴について扱う単元があり…
  2.  どんなおくすりでもそうですが、ホルモン注射にも副作用はついて回ります。そしてその、副作用の苦しさは…
  3. FTMの治療といえばまずはホルモン注射ですが、たぶんホルモン注射のメジャーどころは エナル…
  4. 性同一性障害の当事者が結婚したいと考えた場合、どうすればいいのでしょうか。その答えを簡単に言うと、「…
  5. 自分がFTMだとバレないように気をつけてること超地味な5つに厳選して書いてみようと思います。 自分…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.