2017年7月5日更新

FTM・FTX体験談

トランスジェンダー男性が妊娠したニュース

The following two tabs change content below.

どうも!けーとです。

今回はある記事を読んで衝撃を受けたので、皆さんとシェアしたいと思います。

しておきますが定やしたいわけでえを

記事はこちら(http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/10/transgender-man-pregnant-expanding-family-with-partner_n_17025526.html)

 

【自分に置き換えられるかどうか】

 ここには恐らく物の見方の軸となるナントカ論がポイントになるでしょう。

僕は、「生物学的にオスとメスがいる」という単純な認識をしています。人間でいう「男性」か「女性」かは、自分が認識するように選んでいいと思っていますので、FTXやMTXの存在を否定するつもりはありません。

それを踏まえて、僕は自分が妊娠することを「なし」と思っていましたし、そんな事が他人にも起きるはずはないと決め付けていました。僕は心身ともに「オス」であり「男性」です。まだ心身、と言い切れない身体ですが、妊娠するという「メス」の部分の可能性を残すつもりは今後もありませんのでSRSに望みます。

性交渉に至った理由や妊娠が解った時の男性の気持ち、生まれてくるこどもの事、興味は山積みです。

【トランスジェンダーとトランスセクシャル】

今回の記事を読んで、僕の中で改めてこの2つの違いが明確になりました。

Gender(社会的認識)とSexuality(身体的性別)です。

トランスジェンダーは性別違和を感じつつ、外科的な方法を用いて身体変更を望まない。

トランスセクシャルは強い嫌悪感を抱き、外科的な方法で自分が認識している性別の身体になることを望むということ

ただしこれ文字するの簡単そうみえますが自分なのといところ置き換えようとする感覚的ことなの難しのです

【性は、本当本当様】

自然の摂理やら何やら言い出すとキリがありません。僕は自分自身がその摂理を壊していると自負しています。丈夫に生んでもらったことは感謝していますが、僕が認識しているものとは体は逆だった。

記事の中で、「娠で体のだっけ」とあります

この一件で、世界中でまたトランスジェンダーについて関心が高まってき、今後きに注目しています。に、少子化が叫ばれていにおい性的マイノリティとこどもの係は、論がですね

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

*記事は各ライター個人の体験談や考えでありGID当事者全員の考えを表しているものではありません。
またその内容によって特定のセクシャリティーを差別するものではありません。
*治療などの医療行為は医師にご相談ください。

医療保険・生命保険に興味はありますか?

View Results

Loading ... Loading ...

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

GID保険

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

お知らせ

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします

うちのダンナがかわいすぎる
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.