GID(FTM)の胸オペ・SRS(内摘)手術費用について(国内編)

 
The following two tabs change content below.
yasu

yasu

本業は整体師してます。ぎりぎり30代のFTM。 タイで乳腺・子宮卵巣を摘出、戸籍変更済み。

国内での胸オペやSRSの手術料金が高いということもあり現在でも海外でのSRSを受ける人が多くいますが、言葉が通じる安心感など、国内での手術を強く希望する人もいます。

では実際、国内での手術費用はいくらくらいなのか病院によっても違うのでおおよそですが調べてみました。

乳房切除術の手術費用

おおよそ50~70万円くらい

胸オペと言われる乳房切除術ですが、病院によっても変わりますが、乳房のサイズによって手術方法が変わってくるので費用は変わってきます。

サイズが大きいとその分術式も変わってくるため掛かる費用が大きくなります。

これは基本料金のようなもので、その他に乳頭縮小では3~14万円。

余剰皮膚切除(余った皮膚の切除)で5~17万円ほどが追加料金となってきます。

そう考えると胸の小さな人は50万~と言った費用ですが、胸が大きな人は100万円くらいは見積もらなくてはいけないようです。

子宮卵巣摘出の手術費用

約60~85万円ほど

子宮卵巣の内摘的については開腹、または腹腔鏡を使った膣式と言った術式によって金額が変わってきます。

開腹式が一番費用としては安いですが傷が残るので気になる場合は腹腔鏡をおすすめします。

しかし、過去に手術歴などがあり腹部内で癒着などの可能性がある場合は腹腔鏡を使った膣式は断られることもあります。(ドクターによるかもしれませんが)

尿道延長の手術費用

約14~50万円。

大学病院などでは割引といったものはないようですが、

尿道延長の際に陰核形成(ミニペニス)や内摘を一緒に行うと美容整形外科のクリニックなどでは個別の手術よりも割引されることもあるようです。

陰茎形成の手術費用

陰茎形成については約200万円弱くらいです。

タイでは2ステップに分かれて料金表示されていますが、日本では私が見た限りひとくくりの表示のようです。

その他、膣閉鎖を行うと+20~30万、陰嚢や睾丸形成で+40万くらい掛かります。

最後に

国内での胸オペを含めたSRSは総額500万円前後といったところでしょうか。

昔からすると安くなったようですが、それでも保険が利かない分大きな費用ですし、タイと比較すると渡航費なども含めても高く感じます。

今はGIDでも加入可能な医療保険もあり、SRSでも給付を受けられるものもあるので加入しておくのも一つの手段かもしれませんね。

気になる方はGIDナビのバーナーGIDでも入れる保険から無料相談もできます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGIDnaviをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
yasu

yasu

本業は整体師してます。ぎりぎり30代のFTM。 タイで乳腺・子宮卵巣を摘出、戸籍変更済み。
GID保険相談窓口
yasu

yasu整体師のFTM

投稿者プロフィール

本業は整体師してます。ぎりぎり30代のFTM。
タイで乳腺・子宮卵巣を摘出、戸籍変更済み。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 小学校の中学年になると、保健体育の授業で、身体精神の成長、具体的には第二次性徴について扱う単元があり…
  2.  どんなおくすりでもそうですが、ホルモン注射にも副作用はついて回ります。そしてその、副作用の苦しさは…
  3. FTMの治療といえばまずはホルモン注射ですが、たぶんホルモン注射のメジャーどころは エナル…
  4. 性同一性障害の当事者が結婚したいと考えた場合、どうすればいいのでしょうか。その答えを簡単に言うと、「…
  5. 自分がFTMだとバレないように気をつけてること超地味な5つに厳選して書いてみようと思います。 自分…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.